石川遼ナビ - 使用クラブからファッションまで

 

あなたは、トップゴルフプレイヤーである石川遼選手をご存知ですか?アマチュアとして出場した大会で見事初優勝し、「ハニカミ王子」という愛称が付けられた事で一気に有名になった存在ですね。これは、ゴルフ好きな人だけに限らず、ほとんどの方が知っているゴルファーではないでしょうか。

 

そんな石川遼について、こちらではプロフィールを詳しくご紹介していくと共に、プレー中に使っているパター等のクラブや、ウェアやサンバイザー等のファッション、スポンサー等について掲載しています。ぜひ興味のある方はチェックしてみて下さいね。これら情報を知ることで、これから見るプレーが楽しくなってきますよ。

 

ヨネックスを始めとしてスポンサーを多く持つ彼は、CMやニュース等テレビ番組で見ない日は無いくらい活躍していますね。見た目にさわやかで真面目な印象があるからか、彼を起用したいスポンサーが多いんだと思います。それだけでなく、まだまだ若いとは言え2009年に賞金王に輝くなど実績を積んでいて、将来有望視されている所もスポンサー獲得の理由かもしれませんね。

 

そんな事もあってか、彼の使っているパターはゴルフファンに大人気で、すぐにパターが売り切れてしまう程注目されています。しかし、まだゴルファーとして成長段階だからなのか、一般的には変えることがほとんど無いパターを変えて試行錯誤している為、今までに数本パターを変えている状態です。ですが、その都度パターを変える度にクラブの注目度が増しているのは、影響力の大きさを感じますね。

 

また、パターだけでなくファッションも毎回話題を集めていますね。スポンサー契約をしているヨネックス製品を主に着ていますが、その中でも最終日に必ず着ると言われる赤のウェアはカッコイイですね。ゴルフに対する闘志がファッションに表れている感じがします。これぞまさに石川遼スタイルといった感じで、自分のスタイルを貫き通すところは共感できます。

 

彼は、ゴルフに関してはとにかく頑固で攻めの姿勢を崩さないそうです。そういった所はプレーを見ていると感じられる部分だと思うので、これほどまでに人気がある証拠だと思いますね。今までは暗いイメージで年齢層が高めなスポーツでしたが、一気にその暗いイメージを払拭してくれた人だと思います。

 

今では、子供にゴルフを教える家庭が増えているそうですね。石川遼のような誠実でたくましい男性に育って欲しいと願って、同じメーカーのクラブであるパターを使ったりして教えているそうです。これは、今後のゴルフ界にとっては素晴らしいことですね。石川遼のような素晴らしいプレイヤーが続々と育てば、ますます盛り上がると思います。

 

そんな彼のプレーや生き方だけでなく、紳士のスポーツと呼ばれるゴルフなので、基本的なマナーについても事前に勉強しておいて欲しいですね。パター等のクラブを大切に扱ったり、ウェア等のファッションもそれなりに決まりがあるので、初心者の方はあらかじめ調べておきましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

石川遼とは?


あなたはもちろん、石川遼をご存知ですよね?

 

日本男子プロゴルフツアーで、2009年度ついに賞金王に輝きましたね。

その金額はなんと、1億8千万円を超えていました。

 

36年ぶりに最年少記録を更新した石川遼ですが、その前の記録については、尾崎将司が26歳の時に作った時のものだったそうです。

 

ハニカミ王子として一世を風靡した時からわずか数年で、男子プロゴルファーの頂点に立った人です。

 

そんな石川遼が生まれたのは1991年9月17日、場所は埼玉県北葛飾郡松伏町です。

 

ゴルフを始めたのは、父親である勝美さんの影響で6歳の時です。

 

存在が世の中に知られるようになったのは、高校1年生の時でしたね。

 

アマチュアでありながらマンシングウェアオープンKBCカップに出場し、あれよあれよと言う間に初優勝して存在が知られるようになりました。

 

この時のハニかんだ様子が可愛かった事から、「ハニカミ王子」という名前まで付けられた程になりました。

 

そこからプロに転向して活躍を続け、国内・海外共に精力的に活動をしてきました。

 

その結果、2009年に賞金王に輝いたんですね。

 

石川遼と言えば、スイングが大胆で思いっきりが良いイメージがありますよね。

 

何だか飛ばし屋という感じもします。

 

しかし、賞金王になるのはそれだけでは絶対に駄目ですよね。

 

その他にも、テクニックを使って小技を活かしていかなければならないものです。

 

見る限りでは真面目で素直という印象がありますが、ゴルフに関してはとにかく頑固で攻めの姿勢を崩さない、まさに自分のスタイルを貫き通す姿が共感を得ています。

 

経済効果について


あなたは、石川遼が叩きだす経済効果をご存知ですか?

 

何かの世界で有名になれば、その経済効果は絶大だと言われている世の中です。

それは、男子ゴルフ界における石川遼についても同じ事が言え、CMに石川遼を起用すると売り上げがぐんぐん伸びると言われています。

 

そうした事を受けて、キャラクターとして起用したい企業は躍起になって起用に乗りこんでいるそうですね。

 

出演するCMのギャラは、平均的に見て1社あたり7000万円と言われるそうで、これはイチローや松坂大輔、松井秀喜並のギャラとして、スポーツ選手が貰えるギャラでは上位にランクインしています。

 

さて、そんな石川遼がCMに起用される理由には、ゴルフの実力があるのはもちろんのこと、タレントとしての価値もとにかくあると高評価だからですね。

 

これは、あの木村拓哉も上回るほどの勢いなんだそうです。

 

ちなみに、現在契約をしているスポンサーはヨネックスです。

 

その他のスポンサーとしては、パナソニック、トヨタ、コカコーラ、ANA、NTTdocomo、ハウス食品等ともスポンサー契約をしています。

 

特に、カレーのコマーシャルに関してはお子様にも主婦層にも人気があるので、スポンサーに対して売り上げ効果を発揮していますね。

 

そのため、稼いでいる金額はとてつもない金額になっていて、賞金王としての金額に加わり、スポンサー契約金やCM契約金等があって、20億円はくだらないんじゃないかと言われています。

 

石川遼はイメージも良いので、スポンサー等で経済効果が上がるのも分かる気がしますね。

 

こうした話題は明るい話題なので、たくさん出てくると良いのではないかと思います。